苫米地英人博士が新党大地から出馬して落選していた!【演説動画あり】

苫米地候補天才脳機能学者・苫米地英人博士が、2012年12月の衆議院選挙に新党大地から立候補していたことを知って衝撃を受けました。全然知りませんでした。惜しくも落選してしまったみたいですが、有権者を洗脳することはできなかったようですね。

Sponsored Link

 

苫米地英人博士が、出馬したのは、北海道4区です。
新党大地といえば、代表は鈴木宗男先生ですね。

鈴木宗男先生は、あんなことになってしまいましたが、昔であれば褒められるような古いタイプの政治家で、個人的には悪い感情はないです。政治の世界は魑魅魍魎が蠢く恐ろしい世界ですね。

さて、苫米地博士ですが、実は、今回の立候補にあたり、出馬を表明する専用サイトもアップしていたんですね。

 

苫米地英人出馬

 

「政治のスコトーマ(盲点)を外す、政界のコーチ。」というキャッチフレーズでしたが、これ、一般人にいきなり「スコトーマ」とか言っても、チンプンカンプンでしょうね。突然、この言葉を教えられたとしても、苫米地英人が何者かを詳しく調べる時間は一般人にはないだろうし、どんな人なのか知る前に選挙の日が来てしまう、というのが現実でしょうね。

表記も「苫米地」だと読めない人が多いことを懸念して、「とまべち英人」になってますが、かえって怪しさを助長している気がします。長髪だし(笑)

 

【関連記事】
⇒ 苫米地英人博士の結婚相手は元オウムシスターズ??【画像あり】

 

苫米地博士遊説 平成24年11月27日(火)札幌駅北口

 

初めての選挙活動ですからね。
今回ばかりはさすがの苫米地博士も、一歩及びませんでしたね。
苫米地博士の読者って、選挙とか行かなそうですしね
選挙って難しいんですね。

仮に、宮台真司とかが出馬しても当選は難しいでしょうね。
投票するのは普通の一般人ですからね・・・。
選挙がポピュリズムに傾くのも頷けます。

 

以下、2012年12月15日に行われた壇上演説です。

苫米地英人個人演説会01

苫米地英人個人演説会02

苫米地英人個人演説会03

 

小ネタ:

今回の選挙、「実は」出馬していた以外な有名人をもう1人ご紹介します。

それは、『一分間勉強法』が大ベストセラーとなった、石井貴士氏です。
東京23区(町田市・多摩市)から未来の党の公認候補として出馬していました。

石井貴士氏って、最近では受験参考書とか出してますが、以前は情報商材とかを
売っていて、世間一般からみたら、結構怪しい出自なんですよね。
密かに応援してましたが、石井氏も惜しくも落選。

次回に期待しましょう!

 

 
sponsored link


本日も「情報まにあ」の記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで役に立ったというという場合は、
ソーシャルボタンで共有していただけると大変うれしいです(*^^*)




この記事を読んだ方は併せてこんな記事も読んでいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

きゃりーぱみゅぱみゅのジュニアアイドル時代を暴露!

TOKIO山口達也の弟、山口公次がスゴイ!

上戸彩は在日韓国人で創価学会?デビューは4人組?卒アル流出

「今でしょ!」の林修先生の年収は?奥さんの仕事は?

金爆・ダルビッシュの素顔がイケメン過ぎる件

このページの先頭へ