マーティ・フリードマンが日本人チェロ奏者と再婚!元奥さんも日本人!身長は?

マーティ・フリードマン元メガデスの人気ギタリスト、マーティ・フリードマン(50歳)が日本人チェロ奏者と結婚していたことが分かり話題になっています。大の親日家で知られ日本在住のマーティ・フリードマンが日本に帰化する日も近いかもしれませんね。

Sponsored Link

 

お相手のチェロ奏者の日本人女性は41歳の和風美人だといいます。41歳といっても、アメリカ人のマーティから見れば、童顔な日本人は20代後半くらいに見えたりするのでしょうか。

すでに結婚届は出していたようで、2012年12月に開かれた誕生日パーティで友人たちに結婚が報告されたらしいです。

2人の出会いはテレビ番組「題名のない音楽会」の収録だったといいます。ミュージシャン同士、音楽家として意気投合し、男女の関係になるのに時間はかからなかったといいます。

マーティ・フリードマンは、華原朋美の”I’m proud”を聞いて電気が走ったと言います。それで日本定住を決めたとか。演歌の音階をハードロックに取り入れて泣きのギターを表現したりもしています。また、鈴木亜美のギタリストとして紅白歌合戦にも出演しています。東日本大震災のときには、チャリティ・オークションに、メガデス時代のギターをすべて出品しています。彼の日本愛は本物なので、日本人ももっと世界的ギタリストであるマーティを誇りに思うべきなんじゃないでしょうか。

 

 

マーティ・フリードマンは今回の結婚は再婚ですが、実は前の奥さんも日本人です。マーティのファンだったといいます。これは意外に知られていません。本当に日本が好きなんですね。日本人の彼女ができたから日本が好きになったのか、日本人の女性が好きだから日本が好きになったのかは謎ですが、日本の女性は世界的にも人気があるっていいますものね。

実は日本人の女性は世界的に見るとかなり上位に入る人気です。かたや日本人の男性は世界的にみるとかなり人気がないです。香港に住んでいる友人に聞いたところ、香港に住んでいる英語の話せる可愛い日本人は、「日本人と付き合うなんてありえない」という価値観らしいですよ。その友人は女性で日本人と付き合ってるんですが、「なんでお前は日本人なんかと付き合ってるんだ。クールじゃないなあ」とか言われるらしいです。

大半の日本人女性は英語が話せないですが、これから国際化がさらに進んで、日本人女性の英語習得率があがったり、日本語ペラペラな白人男性がたくさん日本に住むような世界になったら、一般の日本人男性はますます結婚できなくなるかもしれませんね。恐ろしい話です。

ちなみに、日本人の奥さんを娶ったミュージシャンは、他にも、ジョン・レノン、ポール・ギルバート、TMスティーブンス、イギーポップ等がいます。あのジョン・レノンの奥さん(オノ・ヨーコ)が日本人であることは、我々日本人にとっては誇りですね。

 

マーティフリードマンライブ

 

マーティは、身長が低いことで有名で、kISSのギタリストのオーディションの誘いを受けたこともあるが、身長が183センチ以上ないとダメだとのことで、メンバーになることができなかったといいます。ちなみにマーティの身長は168センチです。アメリカ人としてはかなり小柄ですね。

 

マーティ・フリードマンの「天城越え」です(笑)

 

どんだけ、日本が好きなんだ!!

 

 
sponsored link


本日も「情報まにあ」の記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで役に立ったというという場合は、
ソーシャルボタンで共有していただけると大変うれしいです(*^^*)




この記事を読んだ方は併せてこんな記事も読んでいます。

One Response to “マーティ・フリードマンが日本人チェロ奏者と再婚!元奥さんも日本人!身長は?”

  1. 匿名 より:

    他にも何人か日本人女性と付き合ってるよね
    あとアメリカでも結婚してたはず

コメントを残す

サブコンテンツ

きゃりーぱみゅぱみゅのジュニアアイドル時代を暴露!

TOKIO山口達也の弟、山口公次がスゴイ!

上戸彩は在日韓国人で創価学会?デビューは4人組?卒アル流出

「今でしょ!」の林修先生の年収は?奥さんの仕事は?

金爆・ダルビッシュの素顔がイケメン過ぎる件

このページの先頭へ