ドラマ「カラマーゾフの兄弟」結末はドストエフスキーの原作どおり?主題歌は?ニルヴァーナ?

市原隼人カラマーゾフ

ドストエフスキー原作の「カラマーゾフの兄弟」が現代の日本に蘇ります。フジテレビの制作によるドラマで、2013年1月12日(土曜日)の夜11時10分に第一話が放映されます。主演・市原隼人、脚本・旺季志ずか、プロデューサー・森安彩。

Sponsored Link

 

あらすじの大枠はドストエフスキーの原作に忠実に作られているようですが、舞台を現代の日本に翻案されているため、かなり印象の違う作品に仕上がっているようです。元々の原作の舞台は1800年代のロシアですから、それを日本、そして現代に移したことで、もろもろに影響が出るのは当然ですよね。

しかし、そこは文豪ドストエフスキーの不朽の名作「カラマーゾフの兄弟」です。普遍的なテーマを扱う作品なだけに、「カラマーゾフの兄弟」の持つ魅力は感じとることができるのではないでしょうか。ただ、連続ドラマという性質上、ミステリーにスポットを当てたストーリーを主軸に見せるような演出がされると思われますので、本当に「カラマーゾフの兄弟」を味わいたいと思うわれるのなら、やはり原作を読まれることをオススメします。原作だったら、光文社文庫の亀山郁夫訳ではなく、新潮文庫の原卓也訳で読まれることをオススメします。結末がどうなるかは、連続ドラマの性質上、視聴率を見て変えてくる可能性が高いですね。ですので、結末はドラマ・オリジナルになる可能性も高いのではないかと思っています。話の大枠は変わらないと思いますけどね。

原作を読まれている方のために、以下の出演者の対応表を書いておきますね。

フョードル ⇒ 黒澤文蔵(吉田鋼太郎)

ドミートリイ(ミーチャ) ⇒ 長男・満(斎藤工)

イヴァン(ワーニャ) ⇒ 次男・勲(市原隼人)

アレクセイ(アリョーシャ) ⇒ 三男・涼(林遣都)

 

karamazu

(公式サイトより)

 

主題歌は、噂によるとニルヴァーナ(NIRVANA)「Smells Like Teen Spirit」だとされています。自殺したカード・コバーンの重く澱んだ、それでいて吹っ切れた明るさのある楽曲ですので、「カラマーゾフの兄弟」のイメージに合っているかもしれませんね。ニルヴァーナ好きなので、このドラマをきっかけに、日本でも再びニルヴァーナに注目が集まると嬉しいです。

【追記】
>>実際の主題歌は、ニルヴァーナではありませんでした。ドラマ『カラマーゾフの兄弟』の主題歌はローリング・ストーンズの名曲「PAINT IT BLACK(黒くぬれ!)」だった!」を参照してください。

 

原作を手っ取り早く読みたい方は、こちらの漫画がオススメです。本当はドストエフスキーの小説を読むといいのですが、超長編ですので、読むのが大変です。こちらは漫画なので30分もあれば読めます。あの名作のあらすじが漫画でお手軽に読めてしまうなんて良いですね。ドラマを見てから読むか、ドラマを見る前に読むかは各人の判断に任せられますが、是非読んでみると面白いですよ。

 

 

 
sponsored link


本日も「情報まにあ」の記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んで役に立ったというという場合は、
ソーシャルボタンで共有していただけると大変うれしいです(*^^*)




この記事を読んだ方は併せてこんな記事も読んでいます。

One Response to “ドラマ「カラマーゾフの兄弟」結末はドストエフスキーの原作どおり?主題歌は?ニルヴァーナ?”

  1. いしだ より:

    予想以上に面白かったです。
    これから毎週観ます!

コメントを残す

サブコンテンツ

きゃりーぱみゅぱみゅのジュニアアイドル時代を暴露!

TOKIO山口達也の弟、山口公次がスゴイ!

上戸彩は在日韓国人で創価学会?デビューは4人組?卒アル流出

「今でしょ!」の林修先生の年収は?奥さんの仕事は?

金爆・ダルビッシュの素顔がイケメン過ぎる件

このページの先頭へ